ムソウノカキオキ

管理人の好きなこと(アニメ、特撮、オモチャetc)についてつらつらと語っていくブログです

『トランスフォーマー 最後の騎士王』簡単感想

 現在絶賛公開中の『トランスフォーマー 最後の騎士王』を遅ればせながら観てまいりましたので感想を書かせていただきます。

 ネタバレは無しで行こうと思います。

続きを読む

TAMASHII Lab ドラゴンシンフォニー 獣奏剣

f:id:fai2blst:20170715201841j:plain

 随分と久々の更新となってしまい申し訳ありません。

 今回語り倒したいのは、バンダイのおもちゃ『TAMASHII Lab ドラゴンシンフォニー 獣奏剣』です。

 

・はじめに
 『買わずに後悔するより買って後悔しろ』とはジャンルを問わず趣味人の間ではよく言われる言葉ですが、この『獣奏剣』を予約した時正直少し後悔しました。
 なにしろ、送料抜きでも13500円という高額商品。その上、光らない、回らない(当然)、音声のバリエーションは7種類……と単純に”おもちゃ”として見たらお値段の割に食い足りない感は否めなかったからです。
 ソレをなんで予約したかというと、単純に獣奏剣の出て来る『恐竜戦隊ジュウレンジャー』が好きだったからなワケですが。
 しかし、実際手にとって見ると、「買って良かった」と思えるものでした。

 

・おもちゃと作品中の活躍について
 獣奏剣は、1992年に放送された特撮ヒーロー番組『恐竜戦隊ジュウレンジャー』に登場した短剣型の武器です。
 スーパー戦隊シリーズでは、ゲストキャラクターなどを除けば初となる6人目の新ヒーロー、ドラゴンレンジャーの専用武器です。
 ドラゴンレンジャーの人気もさることながら、放送当時発売された獣奏剣のおもちゃも、番組中と同じ音楽の鳴るおもちゃとして高い人気を誇ります。
 番組と同じ音が出るということは、現代でこそ当たり前となっているものの、当時は「ピロピロ……」という電子音が主流であったことを考えると革新的なおもちゃでした。
 今回の『TAMASHII Lab ドラゴンシンフォニー 獣奏剣』はソレを現代の技術で大人向けにリメイクしたものとなります。
 厳密には、海外版の『パワーレンジャー』記念アイテムとして発売されたものに一部仕様変更と台座の追加を行ったものです。
 2016年12月より、バンダイ公式通販サイト『プレミアムバンダイ』にて予約され、現在は生産終了されています。

 

・獣奏剣本体について
 ジュウレンジャーの大人向けなりきりおもちゃとしては、変身アイテムであるダイノバックラーに続く第2段としての登場となる獣奏剣。
 共通武器や、他の5人の専用武器を差し置いての登場というイカれた……もとい異例の事態からも、ドラゴンレンジャーと獣奏剣の人気が伺えます。
 短剣型ながら、45cm以上のボリュームのあるサイズで商品化。ドラゴンレンジャーとその巨大メカ(?)である守護獣ドラゴンシーザーのイメージカラーである緑と金が印象的に配されています。
 特に金メッキの部分はとても豪奢で、番組に出てきた獣奏剣よりも派手になっているくらいです。

 全体的にネジ穴やスピーカー穴が目立たない作りになっており、メインスイッチも装飾の一部になっています。その分、『ON OFF』の文字がちょっと目立ちますが、気になるのはそれくらい。
 また、音量は爆音とまではいかないもののなかなかに迫力があります。
 さて、説明書ではディスプレイモデルとされる本商品ですが、海外版では大人向けなりきりおもちゃとして発売されたため、当然手に持って遊ぶことができます。
 持った印象は、まず「重い!」
 全体に金属パーツがたっぷり使われているんです。
 体重計で測ったところ、少なくとも600グラムはあるみたいです。
 足に落としたらかなり痛そうなので、とてもお子さんには渡せません。
 刀身の黒い部分にまで金属が使われているので、重いという印象がより強くなります。
 まるで、ホンモノの剣を持っているかのような錯覚に襲われます。
 あと、この重さがあるだけに分かったのですが、獣奏剣は案外握りづらい武器なんですよね。
 グリップにバルブ(スイッチ)が出っ張っているため、普通の剣のようにグッと握ることができないんです。
 重さはさておき、こんなユニークなカタチをした武器で激しいアクションを演じた演者さんたちの苦労が偲ばれます。

 

f:id:fai2blst:20170807194901j:plain

・音声について
 グリップにあるバルブを押すと、3種類の剣戟音が鳴ります。
 それぞれ異なっているのは嬉しいのですが、番組のものそのままと言うのとは、いずれも少し違うように聞こえました。
 せっかくサウンドに力を入れている商品なのですから、ココは少しこだわって欲しかった気もしますね。
 そして、マウスピースのメロディスイッチを押しながらバルブを押すと、番組中の音楽が流れます。
 本商品最大の目玉ですね。
 一番左(マウスピース側)のバルブで、ドラゴンレンジャーのアーマーを強化する『合体せよ守護獣』 
 真ん中のバルブで守護獣を鎮める『眠れ守護獣』
 そして、一番右のスイッチで守護獣ドラゴンシーザーを操る、個人的には獣奏剣の最も象徴的な音楽『目覚めよ守護獣』
 そして、全てのバルブを押しながらでは、42話で奏でた『ブライのテーマ』が流れます。
 個人的に嬉しかったのは、途中で音楽を止めるときははバルブではなくマウスピースを使うこと。
 なので、バルブを押して、音楽を奏でるドラゴンレンジャーのなりきり遊びができるんですよね。
 当たり前といえば当たり前なんですが、こういう所が少し嬉しい。

・台座について
 番組中にはろくすっぽ登場しなかった台座。
 正直、最初は『コレをつけるなら安くして欲しいかな」と思いましたが、実際使って見ると印象は変わりました。
 先述の通り、この獣奏剣は遊ぶには少し重いおもちゃです。
 かと言って、単独で飾るのは少しむずかしい形をしています。(ライダーベルトだと、置くだけで結構見栄えがするんですけどね)
 しかし、台座に乗せることでキチンと飾ることができ、説明書通りディスプレイモデルとしての獣奏剣を楽しむ(眺める)ことができます。
 豪華な獣奏剣がディスプレイモデルとしても格好良いことがよく分かるんですよね。
 台座がないと、ぶっちゃけそこらに転がしとくしか無いワケで(笑)
 デザインも獣奏剣にマッチしているのも好ポイント。
 また、台座中央のドラゴンレンジャーのマークは分割されているので、ソコだけはずして番組に登場したドラゴンレンジャーのメダルのイメージで持ってみるのも良いかもしれません。

 

・最後に
 最初に述べたように、一瞬後悔したこともあった『ドラゴンシンフォニー 獣奏剣』
 ですが、手に取った感想は、お値段に見合う素晴らしいものだ!というものでした。
 豪奢な外観、圧倒的なボリューム感、そしてそれを活かすディスプレイ台座。
 遊べるディスプレイモデルとも言うべき素晴らしいものでした。
 もちろん、欠点は無いでは無いですし、『ジュウレンジャー』に特別な思い入れのない方にはそこまでの満足感は得られないと思います。
 ですが、幼い頃ドラゴンレンジャーの活躍に胸を震わせた身にとっては、思う存分思い出に浸れる逸品です。

ホビーサーチ

アニメ『fate/apocrypha 1話、2話感想

 アニメ版『apocrypha』を2話まで観たので、そちらの感想を書こうかと思います。
 筆不精なので、余裕がある時に書こうかな位のノリなので、次話の感想などは期待しないでいただければ(苦笑)

 

続きを読む

『アガルタの女』クリアしました(FGO感想)

f:id:fai2blst:20170531165707p:plain

 スマホゲーム『fate/grand order』の新しいシナリオ、第1.5章『亜種特異点Ⅱ 伝承地底世界アガルタ』を先日クリアしました。
 クリアと言っても、下手っぴなので途中から令呪(コンティニュー)に頼ったゴリ押しプレイですが(笑)
 そんなワケで、今回は軽くネタバレ薄めのシナリオ感想などをば。

 

・お祭にノれた感
 これはすごく私的なことなのですが今回、『FGO』で初めて実装直後にシナリオをプレイできました。
 それまでは一足遅れてのプレイだったので、事前に登場キャラを知っていたり、多少ネタバレを知ってしまったりした上でのプレイでした。(それでもとっても楽しかったですけどね!)
 しかし、今回は実装とほぼ同時にプレイできたので、ギリギリまで情報が隠されていたエルドラドのバーサーカーレジスタンスのライダーの存在にビックリしたり、意外な演出にビックリしたり……と新シナリオの実装という『お祭』に他のプレイヤーさんたちと一緒にノれた感じがあって新しい楽しさがありました。

 

・第1.5章のテーマは悪?
 Ⅰの『新宿幻霊事件』ではチンピラやヤクザなど多数の小悪党的なモブ悪人の登場が印象的でしたが、『アガルタの女』も多くのモブ悪人(?)が登場。
 さらに、今回は虐げられる側の人間も出てくる(死んでいく)ため、よりモブ悪人たちの悪辣さが際立ちます。
 こうしたことから、1.5章のテーマは人間の持つ悪、それもサーヴァントによくいる大悪人ではなく小悪党的な卑俗な悪がテーマなのかなぁとぼんやり考えたり。
 ソレがどのような話に結実するのかは未だ見えませんが。
 メタな話、マシュが直接登場しないからこそできた展開なのかもしれません。
 と、言うのも第1章は(悪人もちょこちょこ登場しながらも)マシュ・キリエライトという少女が世界の美しさを学んでいく物語だと感じました。
 そんな彼女の次の体験が悪と言うのは1章の後日談として台無しというか、マシュにとってもハードすぎる感もあります。
 もちろん、1.5章でもモニター越しにサポートしていますが、実際に現地で体験するのとはまた感覚が違うように思います。
 まぁ、そこまで大それたコトではなく、制作スタッフさんが「もうこれくらいの残酷描写解禁してもいいよね?」と思っただけかもしれませんが(笑)

 

・『アガルタの女』の本筋は王!
 『伝承地底世界アガルタ』では地下世界にある4つの勢力をそれぞれ治める王のサーヴァント達が登場します。
 それぞれがそれぞれのポリシーを持って勢力を治めていますが、決して手放しに良き治世とは言えず、同時に一定の理や正義もあります。
 そうした王たちの姿を見て一人の少年(ぐだーずではなく)が成長していく……という王道な物語が、前述の極悪非道な描写と裏腹に展開していきます。
 4勢力(国家)のバラエティ豊かな姿も過不足無く描写されているのも個人的には楽しかったです。
 正直、最初アガルタは四つ巴状態にあると聞いて、4勢力を描写しきれるのかなと思いましたが、中々どうしてそれぞれ印象的で、ちょっとした海外旅行の気分が味わえました(危険地帯)。

 

・真名に関する知識があればあるほど楽しめる展開
 今回のストーリーの中には各新サーヴァント(の真名)についての知識があればニヤリとできるようなネタがストーリーに組み込まれていたのも楽しかったですね。
 たとえば、4勢力の一つ『イース』についてシナリオをプレイしてから調べたのですが、「あれはこういうことだったのか!」といった驚きがありました。

 

・今後の登場が楽しみな新サーヴァント達
 今回の新登場したサーヴァントたちは、他のキャラクター達との関係が魅力的な、あるいは魅力になりそうなキャラが多かったように感じられます。
 縁者がサーヴァントとして登場しているあのサーヴァントや、意外なキャラと交流したあのサーヴァントなど。
 今後のイベントシナリオなどで再登場した時にどのような会話が繰り広げられるか楽しみです。
 ……それにしても、現在アニメで大活躍する予定の彼、■■が2人も登場している『FGO』にもしも登場することになったら大変だろうなぁ(笑)。

二次創作『仮面ライダーエグゼイド』妄想最終回

 『仮面ライダーエグゼイド』がゴルフ中継で一週お休みだったことで生まれた行き場のないエネルギーでこんな妄想小説を書き上げました。
 コンセプトは、『なりそうだけどならない&なって欲しくない最終回』

 なお、この妄想小説は『仮面ライダーエグゼイド』の今後の展開、及び東映バンダイをはじめとする番組の権利者様とは一切関係がないこと、及び作品の権利は権利者様方に帰属することをご承知おき願います。

 

続きを読む

『トランスフォーマーレジェンズ LG42ゴッドボンバー』感想

 

f:id:fai2blst:20170621212147j:plain

 スーパーロボット好きの皆様お待たせしました。
 今回ご紹介するのは、『トランスフォーマーレジェンズ』より『LG42 ゴッドボンバー』、そしてスーパージンライと合体した『ゴッドジンライ』形態です。

続きを読む

最近のプリキュア雑感

 今回は新しい敵、ビブリー登場編。

・ジュリオ

 前回まで物語を引っ掻き回してくれたジュリオ。

 一見強力なイケメン悪役に見えて、一度ペースを乱されると精神的な脆さがあっさり顕になるという中々に中二……もとい年相応な面が特徴的なキャラクター。

 個人的に、『仮面ライダー鎧武』の呉島光実(仮面ライダー龍玄)が好きだったり、ジュリオのように年齢相応の繊細さや危うさを感じさせるキャラクターは非常に好みだったりします。

 これからも出番はありそうなので、活躍に期待。

 

ノワール

 ビブリーの口から語られた敵のボスらしき人物。

 今までの事件はほぼほぼジュリオくんの独断だったようなので、ノワール様にキラキラルを届けることが組織(?)の目的みたいですね。

 そうなると、どうしてそんなことをしなければならないのかという疑問が。

 一番手っ取り早いのは、ノワール様たち自身がキラキラルを生み出すこと。それができないということは、ノワール様は何らかの理由でキラキラルが生み出せないか、そもそもスイーツを食べることができないかのどちらかっぽい。ビブリーが自分でやらないということは、しもべコンビも同様なのでしょう。

 これは、最終回にノワール様たちがいちかたちのスイーツを食べる展開になりそうです。

 そも、本作は悪役との和解エンドになりそうな要素が多いんですよね。

 プリキュアの目的が敵を倒すことではないこと、敵の悪事がキラキラル泥棒程度に収まっていること、などなど。

 

・ビブリーの作戦

 割と直接的だったジュリオと対照的に、搦め手を駆使するビブリーさん。

 それだけにその分、長期間に渡ってキラパティに被害を与えることに。(いや、ジュリオくんの目的はキラパティ潰しでは無かったワケですが)

 先述の通り、プリキュアの目的は敵を倒すことではないので(なにしろ伝説の”パティシエ”ですし)敵に対してはどうしても後手後手になってしまうのが悩ましいところ。

 それだけに、噂の出処を探るという攻めた対応のできるゆかりさんが頼もしいです。

 

・新しい戦い

 今回の怪人枠はビブリーのパペット、イルの変身した巨大怪人(?)。

 本作は悪い妖精→ジュリオ→イルと比較的短期間に戦う相手が変わっていて、それに伴って自然とプリキュアの戦い方も変わっていくというのが面白いですね。

 

・キラ星シエル

 チラっと顔見せした新キャラクター、キラ星シエル(しかしすっげー名前ですな)

 すでに界隈では、新プリキュアと何らかの関係があると目されているシエルですが、それを抜きにしても色々なドラマを展開できそうなキャラです。

 地元のアマチュアパティシエであるキラパティ組に対して、グローバルに活躍しているシエルは、彼女たちのライバルにもメンターにもなれそう。(予告の印象では後者の位置に来そう?)

 また、ジュリオの回想シーンにも一瞬シエルらしき人物が登場しており、彼との関係性も様々な形に展開できそうです。