ムソウノカキオキ

管理人の好きなこと(アニメ、特撮、オモチャetc)についてつらつらと語っていくブログです。色々遅いですが、よろしければコメントなどもお気軽にどうぞ

『コハエースGO 帝都聖杯奇譚』 にわ感想

 『fate/grand order』の方であらたなぐだぐだイベントが開催決定ということで、遅まきながら便乗して(笑)今回お話したいのは、『コハエースGO (fate/koha-ace)帝都聖杯奇譚』。

 『fate/grand order』のぐだぐだイベントシリーズで活躍している沖田総司織田信長、そして新イベント『ぐだぐだ聖杯奇譚』で登場するサーヴァント達の活躍を描いた作品。

 

 イベントまでにテンションを上げるのに最適な一冊です。しかし……。

続きを読む

時空監視官、登場!~トランスフォーマーパワーオブザプライム”ベクタープライム”にわ感想~

f:id:fai2blst:20180527190911j:plain

「己の限界を知らぬ者は、”時”折それを超越する」(挨拶)

 と、言うわけで久しぶりにトランスフォーマーのお話。

 最新シリーズ『トランスフォーマーパワーオブザプライム』より、最近発売と相成りました『PP-03 ベクタープライム』です。

 上の画像の”中の人”であるミニフィギュアのベクタープライムと、彼が装着しているスーツ『メタルホーク(METALHAWK)』のセットとなっています。

 ベクタープライムの役職?はTime Traveler=時間旅行者となっています。

 しかし、ここは過去のシリーズに登場した同名キャラクターにならって、時元監視官とか時の番人とか訳したいところ。

f:id:fai2blst:20180527190937j:plain

 メタルホークを装着した状態。

 兜の奥にはベクタープライムの顔が見えるようになっているのですが、写真だと見えづらいですね(苦笑)

 このメタルホーク、かつて日本限定で発売された同名キャラクターの装着パーツをモチーフとしているようです。そうした事情もあってちょっと昔のスーパーロボットっぽい、カッコ良い配色となっていますね。

 ちなみに、中に入っているプライムマスター・ベクタープライムは、『トランスフォーマーレジェンズ』シリーズのヘッドマスターと共通構造となっているので、ヘッドマスターをメタルホークにセットすることができます。

 『レジェンズ』シリーズを持っている方でも遊び倒せる親切仕様ですね。

f:id:fai2blst:20180527191023j:plain

  パーツを付け替えると、武器モードに。……いやまぁ、ほとんどメタルホークを寝そべらせただけの見立て変形なんですが(苦笑)

 しかし、多くのロボに使われている5ミリのジョイントがグリップとなっているので、『パワーオブザプライム』シリーズに限らず色々なロボットに持たせられます。トランスフォーマーだけでなく、ドライブヘッドとかにも持たせられたりします。

 

 どれであれトランスフォーマーを一体持っていれば十分に遊べますし、単独でも色々遊べて何より格好いいと実にステキな逸品。

 そこまで定価864円とそこまで高価な訳では無いので試しに購入されても良いかと思います。

 

 ただ、敢えて欠点を言うならば―――これは『パワーオブザプライム』シリーズ全体に言えることなのですが―――現在の国内展開ではシリーズのストーリーやキャラクター…ぶっちゃけベクタープライムが何者なのか知る方法が全くと言って良いほど無いこと。彼がどんなヤツで、どのような戦いをしているのか全く分からないんですね。いや、海外だと何かしらメディア展開があるかもですが、俺のようなにわかにはそこまでは中々追いかけづらいところ。

 METALHAWLやTime Travelerと言ったキャラ設定に絡む用語の日本語表記も無いのも不親切に感じられます。

 オタクらしく色々妄想すれば良いとは思うものの、何者か分からないキャラのグッズってファン以外の人はちょっと手に取りづらいんじゃないかなぁと思います。

 せっかくステキなオモチャなので、より多くの人に関心をもってもらえるような展開をして欲しいなと思います。

 

 と、言うわけで自分の考えたベクタープライムの妄想設定をば。

 「ベクタープライムは他の”プライム”達と共に時を超えて現代に現れた伝説のトランスフォーマー。時を超える力を持つ彼は、プライム達の中でも特に思慮深く落ち着いた性格の大賢者。いたずらに知識をひけらかすことを好まない彼が、現代のトランスフォーマーたちに新たな力”スパークコア”の使い方を伝授したという事は、それが必要となるほどの大きな戦いが近づいていることを意味している。」

FGO『虚月館殺人事件』感想

f:id:fai2blst:20180517213841p:plain

(fate/grand order より)

 『fate/grand order』脱出ゲームとのコラボイベント、『虚月館殺人事件』を最後までクリア致しましたので感想を書かせていただきます。

 ヘンに捻くれた展開もなく、最後まで推理小説の王道を行く展開で、個人的には良かったです。

 以下、ネタバレ注意。

 と、言うよりイベント未プレイの方は絶対に見ないでいただきたい。

 推理モノほどネタバレ特攻なジャンルもありませんから。

続きを読む

FGOイベント 虚月館殺人事件 序盤感想

アポイベントが終わる前に始まった新しいイベント感想を軽くさせていただきます。

以下ネタバレ注意。

 

 

なんとも古典的なミステリの雰囲気が懐かしい雰囲気のイベントですね。(学生時代に図書館で推理小説を読み漁ったクチ)

 

ってか、この手のゲームで戦闘がほぼほぼ飾りなイベントをぶっ込んでくるとはつくづくロックな運営さんですね。

 

物語は錯誤がテーマということで、一筋縄ではいかない事件になりそうです。

序盤のネックレス盗難?事件はまさに錯誤の話で、今後の展開を暗示するものではと思います。

 

マーブル商会、アンさんたちには悪いけど、名前からは胡散臭さしか感じられませんな(去年の今頃を思い出しつつ)

 

主人公(の視点人物)の性別はどうなってるのかな。男性であればその親しさからジュリエットのボーイフレンド疑惑が出てくるし、もっと言えば犯人の可能性さえあります。あくまで主人公の視点人物であって全くの別人の立場にあることは注意が必要かも。

 

ホームズのアドバイスに従うなら、ビジュアルに捉われず、それこそバックログだけを読んで犯人当てにかかるくらいが良さそうですね。

 

とりあえず、このまま殺人なんて起こらず、平和に終わってくれると良いのですが。

いや、それやるとタイトル詐欺になってしまいますが(笑)

FGOイベント『Inheritance of Glory』感想

f:id:fai2blst:20180511180626p:plain (『fate/grand order』 より)

 これまたお待たせしておりました、終了間近のアポクリファイベントの感想を簡単に。

続きを読む

~これは勝利ではない~fate/grand order第2部第1章 感想

 遅れてしまいましたが、『永久凍土帝国アナスタシア』の感想をば。

 ボリュームのあるシナリオとなっているので、各員自己責任でネタバレをシャットアウトしつつ自分たちのペースでじっくり楽しんでいただきたいと思います。

 

 味方サーヴァントには皆共に見せ場がありつつ、敵キャラには適度に感情移入させつつ、モブキャラが活き活きしているという、実はとても難しいことを見事に成し遂げた良いシナリオでした。

 いえ、だからこそしんどい感があるのですが……。

続きを読む

ウルトラマン大紹介!ニュージェネレーションヒーローズ!!

先日、新しいウルトラマンウルトラマンR/B(ルーブ)」の情報が解禁されました。

そこで、今回は「R/B」でも大きな鍵を握りそうな、近年活躍したウルトラマン、通称「ニュージェネレーションヒーローズ」を振り返ってみようと思います。

ちいさなおともだちへ、むずかしい文字(もじ)はおとうさんやおかあさんに教(おし)えてもらおう!そして、新(あたら)しいヒーローをみんなで応援(おうえん)しよう!

 

続きを読む