ムソウノカキオキ

管理人の好きなこと(アニメ、特撮、オモチャetc)についてつらつらと語っていくブログです。色々遅いですが、よろしければコメントなどもお気軽にどうぞ

『ウルトラマン ニュージェネレーションスターズ』第3話 簡単感想

 新しいハイパーキーを作ろう!と言う今後のチュートリアル的な導入。
 まずは、ゼット、ジード、ゼロの共演回。
 コレが、今回スポットライトがあたるヒーローへの導入になるとは、番組構成の巧みさを感じます。
 ハルキの変身シーンに新鮮さを覚えるユカ隊員。『Z』の後日談的な趣があるのが本作の持ち味ですね。

 3大ウルトラマンの同時攻撃。
 しっかりタメの動作を取って、後輩たちとタイミングを合わせてくれるゼロ師匠。
 一番手数が多いのが、ゼット……ではなくゲストヒーロー枠のリク君と言うのが面白い。ジード、主人公のゼット以上に正統派ヒーロー感がありますよね。「ウルトラマンなのに目つきが悪い」と言う始まりを思うと、感慨深いものがあります。

 共演回からの流れで『ジード』特集。
 共演お祭回から一転、ギエロン星獣回と言う、通常回からのちょっと意外なセレクト。
 よもや、初登場のPVの場面が再び見れるとは。
 神々しい!強そう!と言うユカ隊員からの100%好意的な感想が嬉しい。
 そう言えば、ユカ隊員はウルトラマンキングのことは知らないんでしたね。
 
 次なるウルトラマンゼロ特集は、ウルトラゼロファイトの美味しい所を選り抜き。
 TVシリーズに比べると多少の小規模感はあるものの、フォームチェンジあり、複数ヒーローありと『ゼロファイト』のエンタメ性の高さを改めて実感。
 ウルティメイトゼロが映像作品でガッツリアクションをしたのは、確かココくらいでしたよね。鎧が大きいうえに、腕の可動を制限するので、慎重な扱いを受けたのでしょうか。
 ただ、本当に『美味しい所』だけなので、”あの”トラウマシーンはスキップと言うのは何とも不思議な感覚。
 この辺りは、全編をしっかり観た側だけの経験、と言うべきでしょうか。
 
 ユカにタスクをブン投げて自分は観光に向かうイグニス。
 ロボットくんを自分勝手呼ばわりするイグニスですが、彼にだけは言われたくないだろうなぁ。
 あと、サラっと言っていますが、ワームホールを開けるロボットと言うのはとんでもないのでは!?
 ともあれ、こうしてごく普通の外国人旅行者のようなムーブが許されるのがイグニスらしいですね。
 いつ再登場してもしなくても良い、と言うのは役者さんのスケジュールに優しいです。そこはイグニスの見えない気配り?

 

 

 

Vシネクスト『仮面ライダー555パラダイス・リゲインド』感想~彼らの”人””生”が再び疾走する~

 期間限定上映中の『仮面ライダー555』20周年記念作品。

 その感想を言語化させていただきました。拙いながらも、皆様の作品理解の一助となれば幸いです。
 いやはや、これまた攻め攻めの作品ですなぁ。

 以下、ネタバレにご注意を!

続きを読む

『ウルトラマン ニュージェネレーションスターズ』第2話簡単感想

 謎のロボット、そしてトレジャーハンター・イグニス登場。
 彼らがなぜユカ隊員の元へ現れたのか、なぜ追いかけっこをしていたのか、そんな疑問はさておき。(アラートが侵入後に鳴ったのは、今この瞬間に時空を超えてきたから?)
 彼らの登場により、この番組で扱える情報量が大きく上がることに。

 まずはゼットとトリガーの共演。
 ユカとイグニス、互いに共通する話題から少しずつ情報量が上がっていくのは、クロスオーバーものらしい面白さですね。

 この時は好き勝手していたイグニスが後にトリガーダークとなって闇と戦うことになるとは、世の中分からないものです。
 コダイゴンジアザーの鯛砲は本当にどうやって手に入れたのやら。下手したら本当に1つしか存在しないシロモノなのですが。

 ゼットハイパーキーの経緯が語られたことで、改めてヒジリ・アキトの天才ぶりが再確認されることに。
 コレでウルトラマンに変身出来たら無敵すぎるので、ある意味バランスが取れているのかもしれません。

 バロッサ星人戦では基本形態での並び立ち、キングジョーストレイジカスタム戦ではタイプチェンジの大盤振る舞いと、メリハリの効いた殺陣が魅力。
 光線技の大乱舞、と合成だけでなく、アナログな表現も良いですよね。
 最強のゼットデルタライズクローと並び立つトリガースカイタイプ。
 個人的な印象として、派生形態では細面のトリガー=ケンゴのイメージと最も合っているように感じます。

 謎のロボットが端末を操作し、『ウルトラマンギンガ』のお話へ。
 ストレイジのAIボイスも本編並みの大活躍ですね。
 ザラガス戦は美鈴のライブするレッドキングも登場すると言うことで、色んな人間が怪獣に変身すると言う設定を紹介するのに最適ですね。
 歴代のウルトラマンよりも背の低い怪獣やウルトラマンと言うビジュアルは、シリーズの中でも異彩を放っていると言えるかもです。
 それにしても、メインヒロイン、しかも非力な乙女が怪獣に追いつめられる展開は、コメディ交じりとは言え、ハラハラします。


 そしてイグニスの手から取り出される3つセットのハイパーキー。
 それにしても、謎のロボットの名前は一体……?と言うところで次回へ続く!

 

 

 

『ウルトラマン ニュージェネレーションスターズ』第1話簡単感想

 今回もやって来ました、振り返りのシーズン。
 過去の映像を使った再放送や総集編をやりつつも、新たな物語を紡ぐこのシーズンは新作とはまた違った面白さがありますよね。

 そんなわけで、今回の主役は『ウルトラマンZ』よりオオタ・ユカ隊員。
 大人気の『Z』もそろそろ3,4年前。ご存じの無いお子さんも多いだろうところでちょうどいいタイミングやもしれません。

 ロボット(怪獣)セブンガー強化プランのブレストを兼ねて、『Z』での過去の戦いを振り返るユカ隊員。
 ここで『ウルトラマンZ』世界に内容を絞っているのが実にストイック。
 見せ場である変身シーンも大胆にカットして、あくまでユカ隊員=防衛軍が知りうる記録映像としてのリアルさを演出しているのが、こだわりを感じます。
 リアルさと言えば、今回「形態変化を別の巨人が出たと思った」と言うニュアンスが明文化された「うわ~、なんかまた出た~」は注目。こういうリアクションもまた、あの世界の実在感が感じられて良いんですよね。

 内容を絞ってなお、ウルトラマンやロボット怪獣たちの戦いは見ごたえ抜群。
 『ウルトラマン』にロボットアニメ的な要素を入れ込んだ『ウルトラマンZ』は、そりゃぁウケるわと改めて感じるところ。
 さりげなく、配信限定の『セブンガーファイト』の内容に触れているのにもニヤリとしたり。

 

 そんな具合に、あくまで『Z』世界としてのリアルを作りこみに作りこんだところで唐突に現れた謎のロボット!?
 まるでブレーザーブレスばりに唐突に現れた彼は一体……!というところで次回へ続く!

 

 

『ウルトラマンブレーザー』第25話簡単感想

 『地球を抱くものたち』
 堂々完結!

 ヴァラロンが猛威を振るう地球へとどうにか帰還したSKaRDとブレーザー

 倒れたブレーザーに「俺たちスカードで行く」と語るゲント隊長。
 いつになく悲壮な表情で、向けた背中さえ寂し気に見えます。
 言葉にこそしないものの、死を覚悟した男たちのやり取り。
 前回に引き続き、死の距離感が驚くほど近い。
 これが最期になるかもしれない、と言うことが当たり前の共通認識になっている。
 だからこそ、「俺も行く」と体を起こすブレーザーさんに心を打たれます。
 このシーン、ブレーザーが合成でなくとも、キチンと巨大に見えるのが素晴らしい。

 ハルノ元参謀長の助けで意見具申をするエミ。
 「失礼します」と迷いなく通信機のスイッチを入れるのがタフ。
 ここからの一連の流れは、『アースガロンで切った張ったしつつ、エミたちが集めた情報を元に逆転』と言うSKaRDの定番スタイルの延長線上にあるのも素晴らしいですね。伏線、では無いですけれど、定番のパターンが見事に結実している。
 エミの口から語られるV99の真実。ファーストコンタクトの失敗だった、と言う真相。
 彼らからしてみれば、自らの同胞を撃った上に技術の軍事転用をするような知的生命体は危険以外の何物でもないですよね。
 送り込んできた怪獣はどいつもこいつもえげつなかったですが、それも恐怖心のなせる業か。

 エミの説明に、驚き役客観的に状況を理解するテルアキ、技術者としての視点で納得するヤスノブ、意志疎通の可能性に思い至るアンリ、とこれまでの積み重ねとキャラクター性が活きています。

 一連のやり取りを聞いていなかったブレーザーとゲント隊長は最初こそ普通に戦おうとしていたものの、程なく意図を察するのが互いの信頼関係が感じられます。


 ドバシ・ユウ。よもや最終回になってこんなにも味わいのあるキャラクターになるとは思いませんでした。
 悪い人、なのではなく間違ってしまった人。
 それでも、地球に対する脅威となってしまったV99に対して彼なりに対応しようとしていた、と。
 思えば、日々トレーニングに励んでいたのも、いつ現職復帰しても良いように、と言う思いからだったのかもしれません。
 あるいは、宇宙戦争を起こしてしまった男という汚名を背負う覚悟さえ決めていたのかも。
 自らが始まりとなってしまった、”脅威”に対して、自分が行く!行かねば!……となった結果が、前回からの指揮所登場、と思うと少し物寂しさもあります。
 最終的に、後進の判断を尊重し、今度こそ防衛隊から退くことができたドバシさん。
 そんな彼は、仲間と出会わなかったゲント隊長のイフの姿だったのかもしれません。

 そんな彼に、やるべきことをやったとまっすぐに説得するエミ。
 ドバシから直接的、間接的に傷つけられたと言っても良いはずの彼女。
 ドバシに対しては恨み言を言っても良いような立場でありながら、彼の心に寄り添った言葉を投げかけられるのは何という心の強さ!!
 エミは罪を憎んで人を憎まず、と言うスタンスは思えば初主役回の第4話『エミ、かく戦えり』から一貫してるんですよね。
 
 エミの説得もあり、防衛隊は武器を下ろし、V99の怪獣船団は去って行く。
 この辺りは綺麗すぎる感もあるかもしれませんけれど、これは必要な綺麗ごとなのだと思います。
 それに、船団を前に武器を下ろした防衛隊支部ひとつひとつに、あの瞬間ドラマがあったのかもしれません。

 V99が去った今、大暴れするのみ!

 ヴァラロンの生体爆弾を食らう怪獣たち。
 彼らもまた地球と言う自らの住処を守るために奮闘。
 時に人間と戦うこともあれど、怪獣もまた『地球を抱くものたち』の一員。
 それにしても、月面であれだけ猛威を振るったヴァラロンの生体爆弾がこんな形で無力化されるとは。
 やはり青い星、危険!?(オイオイ)


 勝負を決したのは、遂に放たれたブレーザー光線。
 ジュンくんの腕輪とサトコさんとの結婚指輪から伝わる、熱く激しい想いがブレーザーブレスを通してゲントさんの力に!
 まるで花火のような演出から、痛いくらいに激しいエネルギーなのがバチバチに伝わってきます。
 そんな激しすぎる奔流を放つための姿勢が結果として馴染みのある構えになるのが素晴らしい。
 
 こうして、ボロボロになりながらもまたひとつ危機を乗り越えたSKaRD。
 それにしてもアーくん、自我を持った上に自律可動までして、そのうちパイロットが必要なくなるのでは……?
 ブレーザーの故郷はV99の向かうゴールなのではないか、と言うゲント隊長の推察が物語に良い余韻を与えます。
 

 最後の最後に、帰宅するゲント隊長、いえヒルマ・ゲントさんの姿にバッチリ尺を取ってくれるのが素晴らしい。
 物語と言う物は、最後は主人公が日常へと帰ってきて欲しいものですから。
 ジュンくんとほほ笑むゲント隊長の姿は、彼がパパ・ヒーローであることを強く思わせてくれるラストカットでした。

 
 そんなわけで見事完結した『ウルトラマンブレーザー』。
 第1話のかつてないワクワク感から始まり、そのワクワクが裏切られる事無く、最終回を迎えることができました。
 どこを切っても語り尽くせない細かなこだわりも素晴らしい。
 軍隊的な用語や所作、隊員たちの細かな仕草、それに服装、などなど。
 自分がこの感想ブログを拙いながらもなんとか完走できたのも、面白さとこだわりの素晴らしさがあってこそ。
 そして迎えた最終回は、これまで積み重ねてきた作品の特徴と伏線が収束する実に満足なフィナーレ!
 ……と思うと同時に第2シーズンが観たい!と思った『ウルトラマンシリーズ』は初めてかもしれません。
 ゲントとブレーザーの関係性やSKaRDの面々の姿、それに個性豊かな怪獣たちの姿をもっと観たい!
 こんなことを素直に思えるほどに、自分は彼らのことがいつしか好きになっていたのです。
 そう視聴者に思わせたのは制作陣の「勝ち」であり、そんな作品を得ることができた自分にとっても「勝ち」なのだ、と感じ入ります。
 このまま劇場版まで、良い熱気を保っていられそうです。
 嗚呼、本当に良い時間だった!

 

 

 

ウルトラマンブレーザー第23話簡単感想

 初の月面作戦。
 犠牲が出るかもしれない、と語られて以降、SKaRDの演技がとにかく素晴らしい、いや凄まじい。
 本作のドラマパートがあまり派手派手しくBGMを使わないスタイルなのがそれを際立たせます。
 生を諦めたわけでは無い、ですが本気で死を覚悟している人間の姿。
 あまりにも死の臭いがヒリつく空気感は、土曜朝の番組であることを忘れてしまいそうになるほど。

 そんな、最期になるかもしれない出撃前の時間を思い思いに使う面々。
 ツクシのおじさん達との思い出の場所を走るアンリ、クルルと静かな時間を過ごすヤスノブ。
 実家に電話をかけるテルアキは、動画などでギャグとして披露された姿が印象に残っていたので、こんなシリアスな場面で観られるとは……!
 
 SPらしき人物を解任し、邸宅で疲れたお爺ちゃんのようになってしまったかに見えたハルノ・レツさん。
 そんな彼の元に訪れたゲント隊長。
 自分は月に行くので守ってやることができません、と語る姿にはさまざまなニュアンスを感じるところ。
 それがハルノ・レツ参謀長への一番の発破になると、ゲント隊長はどこまで予想していたのやら。
 一気に参謀長の顔へと戻り、作戦へ挑むゲント隊長への檄。
 作務衣が軍服にさえ見える演技力の凄みを感じます。
 エミ隊員の父親代わりであり、上司と部下である二人の素晴らしいやり取り。
 ところで参謀長、その手に持った書は一体……?
 
 一方のエミさんはアーくんのコクピットで彼に相談。
 暗く狭い所で調べ物をすることが多い印象のエミさんなので、コクピットは落ち着く、と言う事情もあるのかもしれません。あとは、何を言ってもアーくんがその内容を人に漏らすことは無いだろう、と。
 そんな、おそらくは愚痴を聞いてもらおう、くらいのノリだったのが、まさかの大当たり。
 「言えません」と言った時点で、アーくんもその後の流れは予測できていたのでは無いでしょうか。
 互いに仲間だと語るエミとアーくん、二人とも普段はあまり底が知れないタイプだからこそグッとくるシーンですね。
 
 ゲントさんは家族との平穏な時間。
 この段になっても、彼は明日死ぬかもなんてことを家庭に持ち込みたくないし、家族にもそれを悟られたくないのか。
 それでも、アースガロンの作戦に参加していることを伝えるのは、成長と言えます。
 夕食の時には気さくなパパの姿を見せたゲントさんが明け方には何も告げずに出立しようと不器用で口下手な男性としての姿を見せるのが対照的。
 そんな彼を呼び止めたサトコさんも、ゲントさんの前では普段通りを装いつつも気丈に振る舞い。
 他者を思いやる心の強さ、と言う点ではよく似たご夫婦なのでしょうね。
 

 そんな命がけの作戦にヘイトを集めるドバシ・ユウ。地球の命運がかかる作戦に彼も重い腰を上げた……にしても、やっていることはまるで野球観戦をするおじいちゃんそのもの。
 仕事も責任も無いのに、権限だけは行使する、本来なら司令室では一番優先度の低いハズの人物を誰も無視できないと言う理不尽。
 
 月面はまさにヴァラロンにとって最も有利な戦場に作り替えられていました。
 レーダーで出来るだけヴァラロンのデータを取れ、と言う指示を出すゲント。
 SKaRDの戦い方が、データの少ない宇宙怪獣には不利なことを改めて感じてしまいます。
 爆弾を巧みに操り、アースガロンをあっさりと追いつめるヴァラロン。
 コクピット内に響くゲント隊長の悲鳴がいつも以上に悲痛。
 
 普段は外している結婚指輪にジュンのブレスレット、そしてブレーザーブレス。
 奇しくもゲントの左腕に、身近な者達との繋がりが収束していますね。
 ブレーザーを説得して立ち向かうも、完全にゲントさん側の問題でボロボロのまま戦うことに。
 
 ヴァラロンは設置した爆弾を自在に起爆できる上に、素の戦闘能力が高い厄介な怪獣。
 完全に優勢なまま、ブレーザーの力を奪い取るかのようにパワーアップするとは。
 
 ブレーザーの自己犠牲的な奮闘により、月の軌道こそ辛うじて守ったものの、ヴァラロンは地球へ。
 果たして、人類はヴァラロンを退けることはできるのか?謎のV99の真意とは?そして何より、ブレーザーとゲントさんはどうなってしまうのか?
 ……のこり30分に収まるの、コレ!?

 

『ウルトラマンブレーザー特別総集編3』 簡単感想

 最終回直前!話題沸騰の『ウルトラマンブレーザー』だけど、今からでは間に合わないのでは!?そんなあなたのためのエピソード!!……かもしれません。

 と、言うわけで、今回の総集編も前回に続いてアニメ回。
 相も変わらず、本編と同じくらい手間がかかっていそうな総集編です。
 総集編でどこまで凝ったことをしてくれるのか、と言う点に注目できるのも、近年の『ウルトラシリーズ』の良い所です。
 そもそも総集編の歴史を遡ると……と話し始めると終わらないので本編へ。


 電脳生物パグと怪獣コンビにより、強化されたブレーザーやアースガロンを中心に特集。
 作中世界とは異なる場所にいる三人なので、100パー他人事なユルいトークが特徴ですね。
 ヒーローサイドの戦力に対する感想が「絶対食らいたくない」なのが怪獣らしい切実さ。

 しかし、話題はそれにはとどまらず、大事な設定の振り返りへ。
 複雑になりがちなあたりが分かりやすく解説されているのがポイント。
 飛び飛びで観ている視聴者やお子さんにも優しいですね。
 それこそ、今回から『ブレーザー』を観るのも十分にアリ。
 ほかにも、番組を観ているだけでは分からない技名や、スパイラルバレードのバリエーション名も紹介してくれるのも分かるのがありがたい所。

 パグと怪獣コンビとの関係性も、ほんのり前進しているのも見どころ。
 当初は単純に距離感が掴めていなかったのが、今回は単純に距離感が雑になっている、と。
 ケンカオチは変わらないものの、コミュニケーションは大きく前進している、と言えるのかもしれません。
 
 結局、『ブレーザー』の出身地は分からずじまい。
 視聴者も、M421と言う名前しか知らないですし、謎は謎のまま。
 とはいえ、初代ウルトラマンも、光の国がどんな場所なのか、後年描写されるまで明らかで無かったので、伝統と言えば伝統なのかもしれません。